メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

「乃木道場」小中学生13人全国大会へ 上位入賞目指し稽古励む 下関・長府 /山口

乃木道場から全国大会に出場する選手ら

 下関市長府宮の内町の空手道場「乃木道場」から、小中学生13人が8月に開かれる全国大会への出場を決めた。大会を約1カ月半後に控える中、選手らは上位入賞を目指して稽古(けいこ)に励んでいる。【佐藤緑平】

 乃木道場には、市内の小中学生45人が通い、毎週水曜日と土曜日の夕方から約3時間、専属の指導者らが空手を教えている。自身も全国大会出場経験がある森京子監督(65)は「勉強ばかりでも、空手ばかりでもだめ」と語り、道場は…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです