メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

「乃木道場」小中学生13人全国大会へ 上位入賞目指し稽古励む 下関・長府 /山口

乃木道場から全国大会に出場する選手ら

 下関市長府宮の内町の空手道場「乃木道場」から、小中学生13人が8月に開かれる全国大会への出場を決めた。大会を約1カ月半後に控える中、選手らは上位入賞を目指して稽古(けいこ)に励んでいる。【佐藤緑平】

 乃木道場には、市内の小中学生45人が通い、毎週水曜日と土曜日の夕方から約3時間、専属の指導者らが空手を教えている。自身も全国大会出場経験がある森京子監督(65)は「勉強ばかりでも、空手ばかりでもだめ」と語り、道場は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです