東芝

半導体売却、訴訟合戦に WDとの対話解決困難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 半導体メモリー事業の売却を目指す東芝が28日、売却差し止めを求める訴訟を起こしている米半導体大手ウエスタン・デジタル(WD)に対して損害賠償などを求めて提訴したことで、両者の対立は更に深刻となった。東芝側は「売却手続きと訴訟は別」とするが、訴訟合戦に発展したことで、話し合いでの解決はもはや困難な情勢だ。【古屋敷尚子、竹地広憲】

 東芝は半導体事業の売却について、21日に官民ファンドの産業革新機構が主導する「日米韓連合」を優先交渉先に選び、最終合意に向けた詰めの作業を進めている。しかし、7月14日(米国時間)には、WDが事業の売却中止を求めて米裁判所に提訴した裁判の審問が予定されており、WDの主張が認められれば売却手続きは休止を余儀なくされる。

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1098文字)

あわせて読みたい

注目の特集