メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書籍販売

出版社との直接取引拡大 アマゾン流に揺れる出版流通

 ネット通販大手のアマゾンジャパンが書籍販売を巡り、6月末で出版取り次ぎ大手・日本出版販売(日販)との一部取引をやめる。これまでは日販に在庫のない本は日販を通じて出版社から取り寄せていたが、今後は出版社との直接取引を拡大する構えだ。「お客様に早く本を届けるため」と主張するアマゾンに対し、出版業界の一部は「本音は取り次ぎと書店を排除し業界を支配する狙いでは」と疑心暗鬼を深める。【広瀬登、棚部秀行】

この記事は有料記事です。

残り2686文字(全文2885文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  3. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  4. 福岡4人水死 「離岸流」原因か
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです