メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大宅文庫

利用者減少で運営難 ネットで寄付呼びかけ目標額に

約78万冊の雑誌を所蔵する大宅壮一文庫=東京都世田谷区で

 雑誌専門図書館の「大宅壮一(おおやそういち)文庫」(東京都世田谷区)が利用者の減少による運営難に苦しんでいる。インターネットの時代に雑誌が顧みられなくなっているのが一因だと言われるが、ネットで運営資金を求める「クラウドファンディング」を始めたところ、寄付の申し出が目標を上回る状況になっている。

 評論家の大宅壮一(1900~70年)の約17万冊の雑誌コレクションを引き継ぐ形で、自宅跡に71年に開館。明治から平成までの約1万タイトルの雑誌約78万冊を所蔵する。現在刊行中の約1000種の雑誌をバックナンバーとともに収集し続け、蔵書は年々増えている。蔵書数とともに、検索システムにも特徴がある。雑誌の本文を丹念に…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです