メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

東京五輪・パラリンピックに向け=飯山太郎(東京運動部)

2002年のサッカー・ワールドカップの日本-トルコ戦で多くのサポーターが詰めかけた宮城スタジアム。20年の五輪でもサッカーの会場になる=02年6月(代表撮影)

ともに歩む「クルマ社会」を

 社会的弱者の社会参加を阻むさまざまな障壁の解消を目指す毎日新聞のキャンペーン企画「ともに2020 バリアーゼロ社会へ」で、2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場の車いす席の設置状況を取材した。明らかになったのは、五輪会場になる座席が常設された既存施設の8割、パラ会場は全てが大会組織委のバリアフリー化の指針を満たしていない実態だった。指針に法的拘束力はなく、整備が難しい事情もある。だが、3年後に控えた20年大会をきっかけに、バリアフリー化の一つの理想である「クルマ社会」の実現を目指すことを提言したい。

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文2053文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです