メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場報告・トランプと世界

インド ビザ取得祈る(その2止) 実績作りに雇用の壁

起業家向けオフィス棟でパソコンに向かうベンチャー企業の若者たち=インド中部ハイデラバードで

 

インドのIT技術者たち ビザ取得規制に懸念

 インド・ハイデラバード郊外にある「ビザ寺院」ことチルクル・バラジ寺院。その一角に熱心に祈る若者がいた。市内のIT企業に勤めるチランジビ・パラキティさん(26)。今年初めて米国の「H1Bビザ」を申し込み、10月から渡米する計画を立てている。「米国で経験を積んで人脈を作り、インドに戻って起業したい」。夢は膨らむ。

 H1Bビザは高度な専門知識や技術を持つ者が取れる長期就労ビザだ。最大6年間滞在でき、そのまま永住権…

この記事は有料記事です。

残り1662文字(全文1891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです