愛媛・伊方原発

規制委、1号機廃炉認可 「40年ルール」6基目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 原子力規制委員会は28日、今秋に運転開始から40年を迎える四国電力伊方原発1号機(愛媛県、約56万キロワット)の廃炉計画を認可した。約40年かけて廃炉作業を実施する。原発の寿命を原則40年とするルール下での廃炉は5原発6基目。

 計画によると、使用済み核燃料の搬出や施設内部の除染、原子炉本体の解体な…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

注目の特集