メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国防長官

「シリア警告効果あり」と分析 化学兵器使用

マティス米国防長官=川田雅浩撮影

 【ワシントン会川晴之】マティス米国防長官は28日、トランプ米政権の警告を受け、シリア政府軍が化学兵器を使用する動きをやめたことを明らかにした。マティス氏は「シリア政府軍は(化学兵器を使った攻撃を)実施しなかった」と述べるとともに、シリア政府が「(米政府の警告を)深刻に受け止めたように見える」と分析した。訪欧中に同行記者団に語った。

 スパイサー米大統領報道官は26日、シリアが再び化学兵器を使用する兆候があるとの声明を発表。使用した場合はシリアのアサド大統領やシリア軍が「多額の代償を払うことになるだろう」と指摘し、米軍が攻撃する可能性があると警告した。

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです