メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井村屋

「あずきバー」を全国5カ所で無料配布 7月1日

井村屋の「あずきバー」=井村屋提供

 井村屋は7月1日、全国5カ所で人気のアイスキャンディー「あずきバー」1万9450本を無料配布する。井村屋は本格的な夏が始まるとしてこの日を「井村屋あずきバーの日」に制定、一般社団法人「日本記念日協会」に登録している。あずきバーで暑さを乗り切ってもらおうと、前後にさまざまなPRを展開しており、無料配布はその一環として実施する。

 配布会場は東京、大阪、名古屋、福岡の4都市5カ所。2008年から断続的に始め、13年から毎年実施しているイベントだが、今回の配布本数は過去最多となる。5会場のうち最も多い6000本を配布する東京ミッドタウン会場では、午後2時半から浅田剛夫会長が商品開発の裏話などを披露するトークショーを開催。また、各会場にはSNS映えが狙える「特別フォトスペース」を用意する。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです