メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA交渉

EU、チーズに照準 露制裁でだぶつく

日本が輸入している主なチーズの特徴と関税

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉で、カマンベールやモッツァレラなどEU産チーズの関税交渉が大きな焦点となっている。日本国内のチーズ消費量は増加しているため、EU側はここぞとばかりに輸出拡大を狙う。日本側が求める乗用車関税の早期撤廃の見返りに、チーズ市場の大幅な開放を求めており、ギリギリの駆け引きが続いている。

 2015年度のチーズの国内消費量は前年度比約1割増の30万トンと堅調だ。乳業団体幹部は「商品の多様…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです