中国

エンジンへ硬貨まいて離陸5時間遅れ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

搭乗中の80歳女性 動機は「飛行の安全を祈りたかった」

 【上海支局】中国・上海の空港で27日、旅客機に搭乗中の女性客(80)がエンジンの方に向けて硬貨をまいたため、大がかりな検査を余儀なくされ離陸が約5時間遅れるトラブルがあった。空港警察によると、女性は「飛行の安全を祈りたかった」と話している。中国メディアが伝えた。

 飛行機は中国南方航空の上海・浦東発広州行き。空港警察によると27日正午ごろ、女性が飛行機に横付けされたタラップの上からひとつかみの硬貨をまいたのを別の乗客が目撃し、通報した。航空会社がエンジンを一部分解するなどして調べたところ、エンジンの中から1枚、地面の上に9枚の硬貨が見つかった。飛行機は安全点検後、定刻から約5時間遅れで出発し、目的地の広州に無事に到着した。女性はファーストクラスの乗客だった…

この記事は有料記事です。

残り56文字(全文415文字)

あわせて読みたい

ニュース特集