マタハラ訴訟

日航、客室乗務員と和解 東京地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 妊娠によって無給休職となったのはマタニティーハラスメントで違法だとして、日本航空客室乗務員の神野(じんの)知子さん(42)が日航に休職命令の無効と未払い賃金など約338万円を求めた訴訟は28日、東京地裁(佐々木宗啓裁判長)で和解が成立した。神野さんに対して一定の金額が支払われるとみられる。

 原告の代理人弁護士によると、日航は今年度から原則として、妊娠した客室乗務員のうち希望者全員を地上勤務に就け…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

ニュース特集