香椎線

乗降中に列車前進、けが人なし 福岡・舞松原駅

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 28日午後5時45分ごろ、福岡市東区のJR香椎線舞松原駅で、西戸崎発宇美行きの下り普通列車(ワンマン2両編成)が、乗客の乗降中に扉を開けたまま約2メートル前進した。けが人はなかった。

 JR九州によると、列車には乗客約200人がおり、同駅ホームに停車。約40人が乗り降りしていたところ列車が時速3キロ…

この記事は有料記事です。

残り55文字(全文205文字)

あわせて読みたい

注目の特集