メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

難民問題を日本国内で考える 空き家問題×住居不足 地域おこし×祭り 互いに関われる社会に

東京・恵比寿ガーデンプレイスで開催された「WELgee(ウェルジー)サロン-難民の日特別版」で、チームの企画に対する難民たちからのアドバイスに耳を傾ける記者(左)=WELgee提供(画像の一部を加工しています)

 「世界難民の日」(6月20日)にちなみ、18日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで、「WELgee(ウェルジー)サロン-難民の日特別版」が開催された。日本社会と難民をつなぐ活動を行う団体「WELgee」が月に1回主催するこのサロンは、日本にいる難民(申請者も含む)と交流できる貴重な機会となっている。記者も参加してきた。【一橋大・梅澤美紀】

この記事は有料記事です。

残り2201文字(全文2370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです