メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「年を取って右手がだめになれば左手で、左手がだめになれば足の指で。それも書の一つの表現だから」=東京都千代田区で、手塚耕一郎撮影

もっと激しく絶望し新しい地平目指す

 書家の握る小筆がカサカサと和紙をこする。静寂の中、かすかな音に耳を傾けていると、インタビューに来たことを忘れそうになる。自在に動く筆に、石川さんの持論をふと思い出す。 <書には、筆を下ろす「決断」、筆を進める「持続」、そして筆を上げる「断念」が必要だ>

 そんな話を向けると、石川さん、静かに筆を上げながらほほえんだ。「そう。特に『断念』、これは大事です」

 京都大では書道部で「趣味の習字のごとき書が、時代をつかむ表現となり得るのだろうか」と繰り返し自問し…

この記事は有料記事です。

残り1604文字(全文1849文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
  2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]