メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「年を取って右手がだめになれば左手で、左手がだめになれば足の指で。それも書の一つの表現だから」=東京都千代田区で、手塚耕一郎撮影

もっと激しく絶望し新しい地平目指す

 書家の握る小筆がカサカサと和紙をこする。静寂の中、かすかな音に耳を傾けていると、インタビューに来たことを忘れそうになる。自在に動く筆に、石川さんの持論をふと思い出す。 <書には、筆を下ろす「決断」、筆を進める「持続」、そして筆を上げる「断念」が必要だ>

 そんな話を向けると、石川さん、静かに筆を上げながらほほえんだ。「そう。特に『断念』、これは大事です」

 京都大では書道部で「趣味の習字のごとき書が、時代をつかむ表現となり得るのだろうか」と繰り返し自問した。全共闘世代の後輩たちが「こんなところに答えはない」と書を捨ててゆくそばで、「答えはない」と言い切る確信がなく、ただ書から離れられぬ自分への戒めに、こんな言葉を心に据えた。

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです