東日本大震災

福島第1原発事故 東電旧経営陣初公判 謝罪しつつ「私は無罪」 被災者、厳しい視線

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
起訴状の朗読に聴き入る勝俣恒久元会長(右端)ら=イラスト・こはまゆうや
起訴状の朗読に聴き入る勝俣恒久元会長(右端)ら=イラスト・こはまゆうや

 「重大な事故を引き起こし、社会の皆様におわび申し上げます。しかし、津波による事故を予見するのは当時は不可能でした」。現在も大きな爪痕を残す原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力旧経営陣3人の刑事裁判が30日、東京地裁で始まった。元会長の勝俣恒久被告(77)は初公判で謝罪の言葉を述べつつも、無罪を主張した。「事故は防げなかったのか」。被災者らは厳しい視線を法廷に向けている。

 午前10時、東京地裁で最も広い104号法廷。勝俣元会長と元副社長の武黒一郎(71)、武藤栄(67)両被告は黒や濃紺のスーツ姿で入廷し、それぞれ小さく一礼した。硬い表情のまま証言台の前に並び、指定弁護士の起訴状朗読を聞いた後、それぞれの表現で謝罪と無罪を主張する言葉を口にした。

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1412文字)

あわせて読みたい

注目の特集