メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 事故後の漁港舞台に映画「新地町の漁師たち」あす公開 生業奪われた姿に迫る89分 /福島

関係者向けの試写会であいさつする山田徹さん=福島市曽根田町の映画館「フォーラム福島」で

 東京電力福島第1原発事故後の漁師を追ったドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」が7月1日から福島市の映画館「フォーラム福島」で上映される。映像作家、山田徹さん(33)=東京都練馬区=の初監督作品で、原発事故により生業を奪われた漁師たちを約3年半にわたって撮影し、心情に迫った。

 映画の舞台は、新地町中部の釣師浜(つるしはま)漁港。津波で堤防が決壊するなどしたものの、船は沖に移動させていたため無事だった。だが、原発事故の影響で、漁の自粛を余儀なくされる。89分間の映画では、そんな漁師たちの姿を丁寧に描いている。

 船主会長の小野春雄さん(65)は「いつでも再開できるのに」とつぶやく。魚が出荷できない中、放射線モニタリング検査用の魚をとったり、がれき撤去をしたりして過ごす日々。別の男性が力無く言った。「賠償金をもらったって、うれしくも何ともねえど。漁ができなかったら、生きてる実感ねえべよ」

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです