メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 事故後の漁港舞台に映画「新地町の漁師たち」あす公開 生業奪われた姿に迫る89分 /福島

関係者向けの試写会であいさつする山田徹さん=福島市曽根田町の映画館「フォーラム福島」で

 東京電力福島第1原発事故後の漁師を追ったドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」が7月1日から福島市の映画館「フォーラム福島」で上映される。映像作家、山田徹さん(33)=東京都練馬区=の初監督作品で、原発事故により生業を奪われた漁師たちを約3年半にわたって撮影し、心情に迫った。

 映画の舞台は、新地町中部の釣師浜(つるしはま)漁港。津波で堤防が決壊するなどしたものの、船は沖に移動させていたため無事だった。だが、原発事故の影響で、漁の自粛を余儀なくされる。89分間の映画では、そんな漁師たちの姿を丁寧に描いている。

 船主会長の小野春雄さん(65)は「いつでも再開できるのに」とつぶやく。魚が出荷できない中、放射線モ…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです