メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ヤフーとLINE、経営統合へ
余録

サバンナの水場はライオンには…

[PR]

 サバンナの水場はライオンには狩りの場だという。水を求めてやってくる草食動物を捕食するのだが、ネットのサイバースペースにも「ライオン」がいる。「水飲み場」に来る標的を待ち伏せているのだという▲特定の組織を狙ったサイバー攻撃には、受信者の警戒心をそらす偽装をこらした標的型メールがよく使われる。そのほかに標的がよく利用するウェブサイトを改ざんしてウイルスに感染させる手口を「水飲み場型攻撃」というそうだ▲今回も一部にこの手口が使われたという情報があるが、今のところウクライナの会計ソフトの更新プロセスが悪用されたとの見方が有力という。どうあれ相手の油断や弱みを突くことでは容赦ないサイバースペースのライオンたちだ▲日本もふくめ世界100カ国で被害が確認された先月の大規模攻撃に続き、またまた欧米やロシアなどの企業、港湾、公的機関に広がるシステム停止などの被害である。国際物流への影響や工場の生産停止などが各地から伝えられた▲今回のサイバー攻撃、専門家によれば先月のものより「高度化している」という。まさに悪知恵ばかりは日進月歩(にっしんげっぽ)、また「どこかの国のサイバー部隊などの実験だった可能性がある」というから相手はただのライオンではなさそうだ▲今回も感染拡大の背景に多くのマシンのセキュリティー対策の遅れがあったようで、ここはどんな悪意にも対抗できる備えを固めねばなるまい。水を飲むのも命がけの草食動物から学ぶべき心がけもある。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

    3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

    4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

    5. 梅毒 患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです