稲田防衛相

自衛隊発言 批判の矛先、首相にも 内閣改造、難しい選択

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
問題の発覚後、辞任せずに内閣改造で退任した安倍内閣の閣僚
問題の発覚後、辞任せずに内閣改造で退任した安倍内閣の閣僚

 東京都議選(7月2日投開票)の応援演説で「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」と発言した稲田朋美防衛相に対し、自民党内からも批判が噴出している。ただ、稲田氏は安倍晋三首相が「次世代のホープ」と見込み、要職に起用してきた経緯がある。辞任させれば、かばい続けてきた首相自身も傷を負いかねない。与党内では、夏から秋に想定される内閣改造・自民党役員人事のタイミングで稲田氏の交代を求める声が大きくなっており、首相は難しい決断を迫られそうだ。【村尾哲、高橋克哉】

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文825文字)

あわせて読みたい