特集

福島第1原発事故

毎日新聞デジタルの「福島第1原発事故」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

ひと

増田哲将さん=謝罪行脚を続ける元福島第1原発副所長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

増田哲将(ますだ・のりまさ)さん(80)

 2011年の東京電力福島第1原発事故以降、事故発生は自らの責任と感じ、首に輪袈裟(わげさ)を掛け、手に錫杖(しゃくじょう)を持ち、東北で謝罪と鎮魂の行脚を続けている。元々は生きがいとなっていた「歩くこと」を突き詰め、5年の修行を経て70歳で山伏となった。しかし、事故後は同原発副所長を務めていた自らを「大罪の共犯者」と断じ、歩き続けている。

 責任を感じるのは、事故の理由を東電の体質にあるとみているからだ。副所長だった時のことを振り返り「原発メーカーの言いなりになるなど、自分でものを考えようとしない体質だった」と話す。効率化を追求するあまり、安全性の確保をおろそかにする姿勢も目立ったが、体質を改革するには「力不足だった」と悔やむ。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文677文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集