メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

故郷の水 埼玉県和光市・松原敦子(会社員・37歳)

 今夜は夫が高校時代の友人と出かけたため、私一人の夕ご飯。いつもなら手軽にパスタとか簡単なもので済ませてしまうけれど、今日はとっても良いご飯の友が待っている。

 昨日、静枝ちゃんから届いたふきの煮物、大根の古漬けを煮たの、それから大根とニンジンのはりはり漬け。静枝ちゃんは母の友人で母亡き後も私たち姉妹を気にかけてくれ、唯一故郷を離れた私には、季節ごとに自家栽培の野菜を送ってくれる。

 その中にいつも添えられているのがお手製の煮物や漬物。故郷の水で育った野菜を食べると、その水でできた…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです