メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡部暁斗 銀鏡に向かう

自問自答 「複合的」練習で化学反応=ノルディックスキー複合・渡部暁斗

 今年は長野を拠点に練習している。ローラースキー、ランニング、トレイルラン、マウンテンバイク、ロードバイク、ボルダリング、水泳、登山。今、取り入れているメニューに必要な環境は、すべて地元に集約されている。施設も把握しており、腰を据えて練習できると考えるからだ。

 雪上でスキーに乗れないこの時期に必要なトレーニングは何か。ワールドカップ(W杯)参戦から約11年。仮説を立てては取り組み、本番の冬を過ごして効果を検証することを繰り返してきた。

 行う内容、時期によっては効果が薄れ、イメージ通りにならない失敗もあったが、見えてきたことは、クロスカントリースキー(距離)が速くなる体を作るには、スキーに多く乗ることが必要だということ。体は鍛えた部分しか成長しない。今の時期に最大の効果を引き出せるのがローラースキー。それ以外はメインのトレーニングにはなり得ない。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです