特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京五輪・パラリンピック

集え若者よ 新競技、立ち見会場でDJも IOCが構想 警備、輸送など課題

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
FISEを座席のない開かれた空間で観戦する観客たち。自転車のBMXフリースタイルやスポーツクライミングなど多様な競技が同時に行われる=FISE提供
FISEを座席のない開かれた空間で観戦する観客たち。自転車のBMXフリースタイルやスポーツクライミングなど多様な競技が同時に行われる=FISE提供

 2020年東京五輪・パラリンピックの準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会の第4回会合が29日、東京都内で開かれ、都会風の会場群を意味する「アーバンクラスター」構想の議論を始めた。IOCには若者向けの競技・種目を集めて野外コンサートのような開かれた会場とする構想があるが、輸送や警備などの課題も挙がった。IOC、都、大会組織委員会は検討チームで協議する。【田原和宏、村上正】

 IOCは若者の五輪離れに危機感を抱き、昨夏に野球・ソフトボール、空手とともにスケートボード、サーフィン、スポーツクライミングの3競技を追加した。今月にはバスケットボール3人制、自転車のBMXフリースタイルの2種目を採用しており、IOCのマコネル競技部長は「スポーツの世界は変化しており、五輪も進化しなければならない」と大会を特徴づけた。

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1097文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集