メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海水浴場

逗子で海開き 小雨交じり、関東で最も早く

一斉に海へ入る子どもたち=神奈川県逗子市の逗子海水浴場で2017年6月30日午前10時39分、宮武祐希撮影

 神奈川県逗子市の逗子海水浴場が30日、関東地方の先陣を切って海開きした。小雨交じりの天候だったが、地元の小学生約300人が歓声を上げて海に飛び込み、一足早い海水浴を楽しんだ。

 同海水浴場では2014年夏から砂浜での飲酒禁止など国内で最も厳しいルールが適用され、一時は利用者が最盛期の半分の20万人に…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです