メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発事故

東電元会長ら無罪主張 予見「不可能」

東京地裁に入る東京電力の(右から)勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長=東京都千代田区で2017年6月30日、竹内紀臣撮影

 2011年の東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の初公判が30日午前、東京地裁(永渕健一裁判長)で始まった。元会長の勝俣恒久被告(77)が「震災当時、津波による事故を予見するのは不可能でした」と述べるなど、3人とも無罪を主張した。

強制起訴初公判

 他に起訴されているのは、ともに元副社長の武黒(たけくろ)一郎(71)と武藤栄(67)の両被告。

 開廷後、永渕裁判長から起訴内容に対する認否を問われた勝俣元会長は、事故は予見できなかったとした上で刑事責任を否定。武黒元副社長は「事故によって多大なご迷惑をおかけし責任ある立場として深くおわびしますが、事故を予見することは不可能だった」、武藤元副社長は「当時の役員として深くおわびを申し上げたい。しかし振り返ってみて、事故の発生を予見できなかった。責任はないと考えます」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  2. 加藤厚労相、新型肺炎に「インフル治療薬アビガン使用を検討」 テレビ番組で表明

  3. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  4. 嵐とSMAP 対照的な身の引き方から考えるアイドル論

  5. 発熱後も出勤、試験官務める 千葉・教諭感染 市立校全教職員の発熱状況調査へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです