メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAL

国際線ラウンジのカレー 誘惑と悩みの定番

よそうと大きな肉が目立つJALオリジナルビーフカレー=東京都大田区の羽田空港国際線ターミナルで2017年6月、米田堅持撮影

 「ラウンジで食べ過ぎて機内食がおなかに入らない」

 日本航空(JAL)の国際線ラウンジで提供されているカレーが、乗客たちに思わぬ悩みをもたらしている。航空業界を専門に取材する人たちさえも悩ます、JALラウンジのカレーについて調べてみた。【米田堅持】

食べ過ぎに注意

 カレーをご飯の上にかけると、大ぶりの牛肉がゴロッと転がる。ホテルなどの“高級カレー”に近い味わいで、汗を拭きながらも、もう一杯食べようかという気になる味だ。世界で最も多くの航空会社に搭乗したギネス記録を持ち、機内食やラウンジサービスにも詳しい航空写真家のチャーリー古庄さんが、「ビーフたっぷりで専門店以上」と太鼓判を押すのも納得だ。

 カレー用の皿は小ぶりだが、ボリュームがあるので油断すると確かに食べ過ぎそうだ。チャーリーさんは自身…

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1760文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです