メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発事故

「津波対策先送りか、説明を」

「なぜ事故が起きたのか説明してほしい」と語る菅野正克さん=関東地方で2017年6月22日午後4時2分、伊藤直孝撮影

 「経済性を優先して津波対策を先送りしたのではないか」。福島第1原発事故後、同原発に近い双葉病院(大熊町)に入院中だった父親を亡くした菅野(かんの)正克さん(73)は「3人(被告)にはきちんと説明してほしい」と語る。

 東日本大震災の発生直後、大熊町で精肉店を営んでいた菅野さんは双葉病院に車を走らせた。父の健蔵さんは肺炎をこじらせて入院していた。「安全な場所に移しました」。忙しく立ち回る看護師に「お願いします」と頭を下げ、自宅の片付けに戻った。

 自宅や病院には12日早朝、避難指示が出た。菅野さんは妻や2人の娘と役場からバスに乗り、5時間かけて三春町の高校に避難した。その後、「双葉病院で患者死亡」との報道に接して「おやじは駄目かもしれない」と覚悟した。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤厚労相、新型肺炎に「インフル治療薬アビガン使用を検討」 テレビ番組で表明

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 女性警官の信号無視見逃し 犯人隠避容疑で警部補書類送検 兵庫県警

  4. 発熱後も出勤、試験官務める 千葉・教諭感染 市立校全教職員の発熱状況調査へ

  5. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです