メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発事故

「津波対策先送りか、説明を」

「なぜ事故が起きたのか説明してほしい」と語る菅野正克さん=関東地方で2017年6月22日午後4時2分、伊藤直孝撮影

 「経済性を優先して津波対策を先送りしたのではないか」。福島第1原発事故後、同原発に近い双葉病院(大熊町)に入院中だった父親を亡くした菅野(かんの)正克さん(73)は「3人(被告)にはきちんと説明してほしい」と語る。

 東日本大震災の発生直後、大熊町で精肉店を営んでいた菅野さんは双葉病院に車を走らせた。父の健蔵さんは肺炎をこじらせて入院していた。「安全な場所に移しました」。忙しく立ち回る看護師に「お願いします」と頭を下げ、自宅の片付けに戻った。

 自宅や病院には12日早朝、避難指示が出た。菅野さんは妻や2人の娘と役場からバスに乗り、5時間かけて…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文773文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです