原発事故

「津波対策先送りか、説明を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「なぜ事故が起きたのか説明してほしい」と語る菅野正克さん=関東地方で2017年6月22日午後4時2分、伊藤直孝撮影
「なぜ事故が起きたのか説明してほしい」と語る菅野正克さん=関東地方で2017年6月22日午後4時2分、伊藤直孝撮影

 「経済性を優先して津波対策を先送りしたのではないか」。福島第1原発事故後、同原発に近い双葉病院(大熊町)に入院中だった父親を亡くした菅野(かんの)正克さん(73)は「3人(被告)にはきちんと説明してほしい」と語る。

 東日本大震災の発生直後、大熊町で精肉店を営んでいた菅野さんは双葉病院に車を走らせた。父の健蔵さんは肺炎をこじらせて入院していた。「安全な場所に移しました」。忙しく立ち回る看護師に「お願いします」と頭を下げ、自宅の片付けに戻った。

 自宅や病院には12日早朝、避難指示が出た。菅野さんは妻や2人の娘と役場からバスに乗り、5時間かけて三春町の高校に避難した。その後、「双葉病院で患者死亡」との報道に接して「おやじは駄目かもしれない」と覚悟した。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文773文字)

あわせて読みたい

ニュース特集