メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

焼け跡の桜島

 鹿児島市のみなと大通り公園は桜島に渡るフェリー乗り場そばにある。6月17日朝、近くに住む今林三善さん(84)の姿があった。園内にある太平洋戦争の民間犠牲者を慰霊する「人間之碑」に向かい、72年前のこの日にあった鹿児島大空襲で亡くなった人たちの冥福を祈った。

 本土最南端で、特攻基地もあった鹿児島への空襲は苛烈だった。1945年3月18日から終戦直前まで、鹿児島市は計8回…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです