メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年目の被災地

祈りのパーク 最終レイアウト了承 釜石市、9月にも工事契約 /岩手

鵜住居地区祈りのパークの最終レイアウトについて協議する委員たち=釜石市役所で

 釜石市の鵜住居地区祈りのパーク整備推進委員会(柏崎龍太郎委員長)は28日、東日本大震災の津波で162人が犠牲になったと推定される鵜住居地区防災センターの跡地に整備する同パークの最終レイアウトを了承した。市は答申を受けて市議会や市民にも意見を求め、9月には工事契約をしたい考えだ。

 最終レイアウトは、丘の上に石碑などがある「祈りの場」を、地上に震災犠牲者の芳名板などがある「慰霊の場」を設けることが基本。震災遺族の委員らの意見を踏まえ、慰霊の場から祈りの場に上がる階段を海側に設置する▽祈りの場を東側に寄せ慰霊の場を見下ろさない▽隣接する津波伝承施設と祈りの…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです