東日本大震災

福島第1原発事故 「大崎圏域で焼却」了承 1市4町、汚染廃棄物処理で /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の汚染廃棄物の処理について、焼却・最終処分施設を共同で管理運営する大崎圏域1市4町は30日、大崎市内で協議し、県が提案した圏域内での焼却処理を了承した。

 会議には、同市と4町の首長が出席。伊藤康志市長によると、農水省がすき込みを許容する同400ベクレル以下の汚染廃棄物…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集