メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主権者教育

中学教諭が授業報告 協力校連絡会初会合 県教委 /神奈川

教諭らを前に防災学習の報告を行う横浜国立大教育学部付属鎌倉中学校の石上真一教諭=横浜市中区で

 政治参加の意義やプロセスを学ぶ「主権者教育」を小中学校で推進しようと、県教委は30日、「実践協力校連絡会」の初会合を開いた。主権者教育に取り組む協力校に指定された小中学校など5校の教諭が参加し、授業報告を行った。

 主権者教育について県教委は、18歳選挙権を受けて高校での導入を進めてきたが、今年度から全国で初め…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  3. 弁護士が宇都宮市長選出馬へ 自公推薦の現職との一騎打ちの公算

  4. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです