メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

誕生100年 音楽祭 心一つに熱唱 加藤登紀子さんら 大津 /滋賀

ステージ上と聴衆が一緒に「琵琶湖周航の歌」を大合唱したびわ湖音楽祭のフィナーレ。中央で両手を伸ばしているのが加藤登紀子さん=大津市のびわ湖ホールで、塚原和俊撮影

 「琵琶湖周航の歌」誕生100周年を記念した「加藤登紀子プロデュース 第1回びわ湖音楽祭」が30日夜、大津市のびわ湖ホールで開かれた。県民のソウル・ソング(心の歌)にもなっている周航の歌を看板にした音楽祭に、会場の約1800席はほぼ埋まった。フィナーレは加藤登紀子さんをはじめ出演者全員と京都大ボート部OB、聴衆が一緒になって、周航の歌の大合唱で締めくくった。

 記念事業実行委員会(委員長、嘉田由紀子前知事)が主催。立命館守山中学・高校吹奏楽部のファンファーレ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです