玄海原発

運転差し止め訴訟 福島の被災意見陳述 「ふるさと奪わないで」 地裁口頭弁論 /佐賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州電力玄海原発(玄海町)の運転差し止めを九電と国に求める「原発なくそう!九州玄海訴訟」の口頭弁論が30日、佐賀地裁(立川毅裁判長)であった。東京電力福島第1原発事故で家族が被災した福島県浪江町出身の瀬尾美和子さん=千葉県=が意見陳述し、「これ以上、ふるさとを奪われてほしくない」と訴えた。

 原告は全国で1万255人(6月1日現在…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文377文字)

あわせて読みたい

注目の特集