メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレミアムフライデー

浸透せず 開始4カ月、認知率9割でも 「仕事減らなきゃ意味ない」

プレミアムフライデーの夕方、空席が目立つ東京・新橋のガード下の居酒屋=東京都港区で2017年6月30日午後5時半、今村茜撮影

 月末の金曜日に早めの退社を促し、消費を喚起する官民一体のイベント「プレミアムフライデー」(プレ金)が30日、5回目を迎えた。2月のスタートから4カ月経過したが今一つ浸透しておらず、退社奨励時刻の午後3時を過ぎても街中に人はまばら。小売業や飲食店はプレ金に合わせてイベントを実施するが空振り気味で、普及を進めるには抜本的な対策が求められそうだ。【今村茜】

 夜が深まれば会社帰りのサラリーマンでにぎわう東京・新橋。だが、30日午後5時過ぎ、ガード下の居酒屋…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. ORICON NEWS クミコ「妻が願った最期の『七日間』」著名人26人から共感の声 大竹しのぶ、井上芳雄、谷川俊太郎ら

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです