メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

チーズや乗用車、重点協議 閣僚級、溝埋まるか

日欧EPA交渉で焦点となっている分野と双方の主張

 日本と欧州連合(EU)は30日、経済連携協定(EPA)交渉の閣僚協議を東京都内で開いた。7月上旬の大枠合意を目指して、協議が難航しているチーズなどの農産品や乗用車の関税といった分野で詰めの交渉を行い、一定の前進がみられたもようだが、なお隔たりが残っている。1日午前に協議を再開し、政治決着を目指す。【工藤昭久、加藤明子、片平知宏、小川祐希】

 岸田文雄外相がEUのマルムストローム欧州委員(通商担当)と、山本有二農相はホーガン欧州委員(農業・…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです