メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外吉本興業、宮迫さんとの契約解消
健康狂想曲

第2章・広がる格差/2 孤立させず治療促す

困窮し、助けを求める方法もわからず「自ら援助を求めなくなった」と話す糖尿病の女性(中央)と夫(左)。体調が悪く車いすを使っている

 ●通院止める貧困

 「私たちの本当の苦労は外からはわからない」。糖尿病の末に透析治療を受ける首都圏の女性(42)は話す。女性は16歳の時に第1子を出産。2人目を21歳で産んだ時に糖尿病の疑いを告げられたが、余裕がなく治療しなかった。第4子を26歳で妊娠した際、血糖値が異常に高く治療を開始。自己負担が重く翌年には中断せざるをえなくなった。

 夫(50)の当時の仕事は不安定なうえ、ぜんそくの持病も抱え仕事は続けられない。幼い子供を抱える女性…

この記事は有料記事です。

残り2285文字(全文2504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです