メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 東電旧経営陣初公判 真実こそが誠意 被災者、厳しい目

指定弁護士の冒頭陳述に聴き入る(右から)勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長の3被告=イラスト・こはまゆうや

 世界を震撼(しんかん)させた東京電力福島第1原発事故の刑事責任を巡る強制起訴裁判が始まった30日、東京地裁の法廷には福島県の被災者らが駆けつけた。勝俣恒久元会長(77)ら旧経営陣3人は謝罪をしつつも無罪を主張。元トップの言葉に、全国の原発避難者や、事故調査に関わった関係者も注目した。

 多くの人から古里と生きる糧を奪った原発事故。避難生活を余儀なくされる被災者は、法廷に立った東電旧経営陣に何を思うか。

 「事故の影響は今も全く収束していない。旧経営陣はその責任を感じて証言台に立ち、誠意をもって真実を話…

この記事は有料記事です。

残り2136文字(全文2388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです