都議選

2日投開票 議会改革、各党が公約で競う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「古い議会でなく新しい議会にする」(小池百合子東京都知事)のか、「仕事ができる議会か、できない議会かを決める」(安倍晋三首相)のか--。観点こそ分かれるが、2日投開票の東京都議選では、各党とも改革の姿勢を公約で競ったり議会の知事への追従をけん制したり、議会のあり方を問うている。

 小池氏が代表の都民ファーストの会は、「加計学園」問題などを引き合いに「そんたくだらけの古い都議会を新しく」を掲げる。公約には、不当な口利きを禁じる条例制定のほか、議員公用車と政務活動費による飲食は「100日以内に廃止または禁止する」などと…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文650文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい