メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

大阪の歌手が銀幕デビューへ ハリウッドで女優

歌の練習で使うスタジオの一角で笑顔を見せる歌手兼モデルの麻倉ケイトさん=大阪市中央区で2017年6月30日、平川義之撮影

 幼少期から心と体の性が一致しない性同一性障害に苦しんできた歌手が、米ハリウッド映画で銀幕デビューを果たす。男性の体で生まれたが、7年前に精巣摘出手術を受けて女性歌手として活動しており、映画にも女優として出演する。「同じ境遇の人たちに『思い続ければ、不可能は可能になる』と伝えたい」と語る。

 大阪市住吉区の麻倉ケイトさん(37)=本名・新宅啓太。歌手活動と並行して性的少数者(LGBT)などへの理解を深めるため小中学校などで講演している。

 幼いころは、大きくなったら自然と女性の体に変わると信じていた。当時の夢は女優。しかし、周囲からは「男らしくしろ」と責められ、「本当の気持ちは隠さなければいけないのだ」と悟り、心を閉ざした。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです