自民

二階氏「落とすなら落としてみろ」 メディアを批判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の二階俊博幹事長
自民党の二階俊博幹事長

都議選の応援演説で

 自民党の二階俊博幹事長は30日、東京都国分寺市での都議選の応援演説で「どういうつもりで書いているか知らないが、我々はお金を払って(新聞などを)買っている。そのことを忘れてはだめだ」とメディアを批判した。「落とすなら落としてみろ。マスコミが選挙を左右すると思ったら大間違いだ」とも述べた。

 政権に批判的な報道への圧力ともとれる発言は、厳しい選挙情勢に対するいらだちの裏返しといえそうだ。二階氏は選挙に対する自身の心構えを紹介し、「万一のこと(落選)になった場合はしょうがない。おれもルンペン、あなた方もルンペンだ。だから頑張る以外にない」と自民党候補への支持を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文398文字)

あわせて読みたい