メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発事故

旧経営陣3被告初公判 被災者ら真相解明に期待

 世界を震撼(しんかん)させた東京電力福島第1原発事故の刑事責任を巡る強制起訴裁判が始まった30日、東京地裁の法廷では福島県などから駆けつけた被災者らが傍聴した。勝俣恒久元会長(77)ら旧経営陣の3被告は謝罪をしつつも無罪を訴えたが、「本当に事故を防げなかったのか」との疑念を抱く被災者らは裁判での真相解明に期待した。

 初公判は午前10時、開廷。勝俣元会長と元副社長の武黒一郎(71)、武藤栄(67)両被告は黒や濃紺のスーツとネクタイ姿で入廷し、それぞれ小さく一礼した。

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです