原発事故

東電内部のメモやメール、次々に明らかに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

検察官役の指定弁護士が主張を裏付ける証拠として

 東京電力福島第1原発事故の刑事責任を巡る強制起訴裁判が30日、東京地裁で始まった。午後の法廷で、検察官役の指定弁護士は主張を裏付ける証拠として、東電内部の打ち合わせメモや担当職員らによるメールのやりとりなどを次々に明らかにした。

 東電の津波対策の担当者が2008年に送ったとされるメールには「マグニチュード(地震の規模)8の地震…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集