メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

在宅被災者支援、整備を 仙台で復興シンポ /宮城

被災地が直面する復興の課題を語り合う専門家ら=仙台市青葉区で

 被災地の住民や自治体職員、専門家らが東日本大震災の復興を考えるシンポジウム「みやぎボイス2017」が1日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークであった。震災で壊れ、十分に修理できていない自宅に住み続けている在宅被災者問題も議論され、支援制度の整備を求める声が上がった。

 日本建築家協会東北支部宮城地域会などでつくる連絡協議会が主催した。約50人が6テーマに分かれて震災から6年が過ぎた被災地の課題を語り合った。

 在宅被災者問題をテーマにした分科会では、仙台弁護士会の布木綾弁護士が、2015年11月から石巻市な…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文690文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  3. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]