メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

在宅被災者支援、整備を 仙台で復興シンポ /宮城

被災地が直面する復興の課題を語り合う専門家ら=仙台市青葉区で

 被災地の住民や自治体職員、専門家らが東日本大震災の復興を考えるシンポジウム「みやぎボイス2017」が1日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークであった。震災で壊れ、十分に修理できていない自宅に住み続けている在宅被災者問題も議論され、支援制度の整備を求める声が上がった。

 日本建築家協会東北支部宮城地域会などでつくる連絡協議会が主催した。約50人が6テーマに分かれて震災から6年が過ぎた被災地の課題を語り合った。

 在宅被災者問題をテーマにした分科会では、仙台弁護士会の布木綾弁護士が、2015年11月から石巻市など沿岸被災地で実施した在宅被災者214世帯の戸別訪問調査の結果を報告した。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです