メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

茨城 ひたちなか海浜鉄道 食も観光も見どころ満載 花畑、温泉、反射炉跡、ウニ /東京

那珂湊駅を出発する下り列車。ホームの駅舎は築約100年という=茨城県ひたちなか市釈迦町で

 茨城県の「ひたちなか海浜鉄道」は全長わずか14・3キロのローカル線だ。ひたちなか市の市街地と太平洋岸の漁師町を結ぶ。水戸市内に住む記者は軽い気持ちで乗ってみたが、実は見どころがいっぱい。プチ旅行を満喫した。【根本太一】

 JR常磐線と接続する始発・勝田駅で、お得な1日フリー切符(900円)を買って乗車した。出発してしばらくすると、車窓に広大なサツマイモ畑が見えてきた。そう、ひたちなか市は干しいもの生産量が全国一なのだ。

 27分で終点の阿字ケ浦駅に到着した。最近は「国営ひたち海浜公園」の玄関口として有名になった。ゴール…

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです