メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海開き

神崎海水浴場で モノより思い出のおもてなし 舞鶴 /京都

テープカットする神崎浜観光協会の竹内宏和会長(右から3人目)ら=京都府舞鶴市の神崎海水浴場で、行方一男撮影

 舞鶴市の神崎海水浴場(毎日新聞社後援)で1日、海開きがあった。この日は朝方まで降り続いていた雨も上がり、天候にも恵まれる中で式典が行われ、主催する神崎浜観光協会や来賓者ら約30人がシーズン中の無事故を祈願した。8月末までのシーズン中、昨年より約2000人増の約4万人の来場者を見込んでいる。

 これまでに地元住民やボランティア約200人が東西約2キロにわたる砂浜で清掃…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです