メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米韓首脳会談

「米韓FTA再交渉」声明に盛らず トランプ氏攻勢

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は30日、初の首脳会談後に共同声明を発表した。会談でトランプ氏が主張した米韓自由貿易協定(FTA)の再交渉は声明には明記されず、「公平公正な経済条件を整備する」との表現にとどまった。しかし実際の交渉では、トランプ氏は再交渉着手へ攻勢をかけており、韓国側は強い姿勢に困惑を隠せずにいる。

 「多くの国に対し貿易赤字を抱える状況が続くのを容認しておけない。(赤字削減を)まず韓国から直ちに始める」。トランプ氏は30日の首脳会談の冒頭、米韓FTAの再交渉に着手すると宣言した。同席したロス商務長官が「韓国には米国製自動車に対する多くの非関税障壁がある」と批判すると、コーン国家経済会議(NEC)委員長も、米国が問題視する安価な中国製の鉄鋼製品が韓国経由で流入していることを踏まえ、「中国への対…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです