メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

香港しぼむ「雨傘」 返還20年「中国化」加速 民主派運動、目標示せず

中国政府に抗議する横断幕などを掲げ、デモ行進する市民ら=香港・銅鑼湾地区で1日、福岡静哉撮影

 英国から中国に返還されて20周年となった1日、香港では祝賀ムードよりも社会の対立が目立つ記念日になった。習近平国家主席が統制強化の姿勢を示せば、民主化を求める若者たちは反発をさらに強める。急速な「中国化」は、香港政府と民主派の分断という形で影を落としている。

 香港中心部・ビクトリア公園。1日午後3時、民主派団体らが集まった。急に雨が降ったが、しばらくして快晴に。「今は自由を失っているが、この天気のように未来は明るくなるだろう」。デモを主催した市民団体の区諾軒代表(30)がステージでこう呼びかけると、歓声が湧き起こった。

 「真に民主的な選挙制度を実現!」「香港人の自治を守ろう!」。参加者は気勢をあげながら市街地を練り歩…

この記事は有料記事です。

残り1676文字(全文1989文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです