メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康狂想曲

第2章・広がる格差/3 中小企業・外勤者にリスク

健康診断の結果が悪かった大手企業の社員に遠隔で指導する保健師の塚本亜麻美さん=東京都港区のオンライン健康支援企業「リンケージ」で

 ●ギリギリまで働き

 「このごろ体調が悪いんです」。昨秋、関東地方の50歳代の女性は保健師に打ち明けた。受診を強く勧めると、末期の乳がんが判明した。骨まで転移し治療は難しい。女性は中堅企業に現場のパートとして長く勤める。夫とは離婚。30歳代の息子は引きこもり、高齢の母親には介護が必要で、仕事と家事に追われ、病院には長く行かずにいた。健康診断は定期的に受けていたが、がんまではわからない。人間ドックの負担は1万~2万円で、女性のわずかな収入では手が届かない。2カ月入院していたが、自宅に戻り最低限の療養を続けている。

 保健師によると、乳がんを早期で見つけていれば、ここまでの転移は考えられないという。「自分のことは後回しにしていたのではないか」。女性の働く業界は「底辺の人」が多く支える。夜の居酒屋のバイトと掛け持ちする例もある。健康を犠牲に「ギリギリまで働いている」。

この記事は有料記事です。

残り2086文字(全文2471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです