メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『囚われの島』 著者・谷崎由依さん

 ◆『囚(とら)われの島』 谷崎由依(たにざき・ゆい)さん

 (河出書房新社・1728円)

弱さといういとおしさ

 小さな島に目の見えない「ぼく」が閉じ込められている。小舟が近づいてくる。殺されるのか、救われるのか。でも小舟は着かず、「ぼく」は待ち続ける……。こんな情景が「パッと降りてきたんです」。これ以前から、作家は日本の近代化に貢献しつつも衰退した養蚕業への関心を深めていた。島と蚕のイメージに小説の着想を得た。

 一人称に近い三人称で描かれる女性主人公「由良(ゆら)」は、東京で働く新聞記者だ。かつて日本じゅうに…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです