メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

佐藤優・評 『シリーズ近現代ヨーロッパ200年史 地獄の淵から ヨーロッパ史…』=イアン・カーショー著

 ◆『シリーズ近現代ヨーロッパ200年史 地獄の淵から ヨーロッパ史1914-1949』(白水社・6696円)

エスノクラシーが生む悲劇

 『ヒトラー』、『運命の選択』など現代史研究で有名なカーショーが、全4巻からなる「シリーズ近現代ヨーロッパ200年史」の第3、4巻を担当している。本書第3巻では第一次世界大戦が勃発した1914年から東西冷戦体制が確立する1949年までを扱っている。訳文もわかりやすく、2段組で本文474頁(ページ)の大部の書であるが、一気に読むことができる。

 本書を読むと、近代ヨーロッパの基本原理が民族で、統治する地域で自民族が支配的地位を占めようとするエ…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです